新着情報
  1. TOP
  2. トピックス
詳細表示 リスト表示 検索

FCA「センター相互応援コンソーシアム」に参加しました。

大規模災害を想定し、FCA(富士通系情報処理サービス業グループ)が富士通と共同で設立した「センター相互応援コンソーシアム」に参加しました。

FCA(富士通系情報処理サービス業グループ)の会員企業である株式会社アイテックスは、2016年7月9日に、会員企業42社と事務局を務める富士通株式会社と共同で「センター相互応援コンソーシアム」を設立し、緊急時物資の共同備蓄と緊急配送の取り組みを9月1日より開始します。

コンソーシアム会員企業は、データセンター運営にあたり、富士通グループがもつ川崎、大阪の東西倉庫2か所に物資(飲食料、防災備品)の共同備蓄を行い、災害などの有事の際、富士通の保守部品物流網を活用した緊急配送によって共同備蓄品を受け取ることが可能です。さらに、他のコンソーシアム会員企業から、データセンターなどの代替サービスや技術者などの応援を受けることができるため、データセンターサービスの継続や円滑な復旧が見込めます。

また、本コンソーシアムで、大規模災害を想定した共同備蓄品の配送を含む合同訓練を9月中旬に実施する予定です。アイテックスは今後も、全国データセンター事業者の相互支援の取り組みを強化し、事業継続対策に取り組んでいきます。


詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒ 
情 報 [登録日] 2016/9/1 | 固定リンク